当社では、業務を効率的・効果的かつ適正に遂行することを確保するために内部統制システムを整備し、評価・改善していくことを経営者の責任と認識しており、経営会議などの各種会議体における議論を通じて内部統制システムの整備を図っております。ソフトバンクグループ各社への貢献・企業価値向上に結びつけ、戦略的な活動を推進しています。

コーポレート・ガバナンス体制図

情報セキュリティ委員会からのメッセージ 「情報は7対2対1で守る」

技術的な対策とコンプライアンス
情報の7割は、物理的対策やセキュリティシステムで守ることができます。2割は、コンプライアンスとしてモラルの向上や法令遵守の徹底で守れます。
リスクマネジメントが不可欠
人はミスをするし、残念ながら悪意を持つこともあります。リスクを組織的にマネジメントし、不測の事態に備えることが必要です。お客様の被害を最小限に抑えるために、忘れずに取り組んでおくべきと考えます。しかし、これだけでは不十分。リスクマネジメントの1割を合わせた3点セットで、情報は管理されなければなりません。
コンプライアンスとリスクマネジメント
これまでの物理的/技術的などの対策により、情報資産の7割を守ることが可能となりました。しかし、これだけでは不十分です。それらの対策に加え、コンプライアンス(モラル向上/法令遵守等)とリスクマネジメント(不測の事態に備える)の3点セットを意識し、事件・事故を発生させない。被害を最小限に抑えることを目的としなければならないと考えております。