デジタルハーツの新しいオンラインゲーム「クロストライブ」に「仮想通貨サービス」と
「オンライン決済ASP」の提供を開始
~資金決済法に準拠した仮想通貨の発行と豊富なチャージ手段を用意~

2013年4月5日
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮内 謙、以下「SBPS」)は、株式会社デジタルハーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO宮澤 栄一、以下「デジタルハーツ」)が2013年4月26日より配信予定のプレイバイウェブ※1型RPG「クロストライブ」に、「仮想通貨サービス」と「オンライン決済ASP」を提供します。

「クロストライブ」は、ユーザーが互いに交流しながら物語を進行させる参加型のオンラインゲームです。今回、SBPSの決済システムの処理性能と安全性が高く評価され、「仮想通貨サービス」と「オンライン決済ASP」が導入されることになりました。

SBPSは、「クロストライブ」で利用できる専用の仮想通貨「CP(クリエイティブポイント)」の発行と、「CP」をチャージする決済手段として「オンライン決済ASP」の、「クレジットカード」「プリペイドカード(WebMoney、NET CASH、BitCash)」「携帯キャリア決済」を提供いたします。「クロストライブ」ユーザーは「CP」をあらかじめチャージしておけば、ゲーム参加中に自分だけのオリジナルキャラクターのイラスト発注やオリジナルストーリーへの参加などのオプションを利用する時も、煩わしい支払い情報を入力することなく簡単に決済しながら、快適にオンラインゲームが楽しめます。

さらに、SBPSは「資金決済に関する法律(資金決済法)」の定める、「前払式支払手段発行者 関東財務局長 第00625号の第三者型前払い式支払手段発行者」としての登録をしており、資金決済法に則った適切な管理、運用を行っているため、「クロストライブ」ユーザーには安心してご利用していただけます。

「オンライン決済ASP」と「仮想通貨サービス」について

SBPSの「オンライン決済ASP」は、決済代行マーケットでトップシェア※2を確立している豊富な実績を持つ決済サービスです。多様な決済手段の提供に加え、決済に関わる煩雑な手続きや各決済機関との契約、収納代金の入金管理までトータルでサポートしています。さらに、「仮想通貨サービス」に関しても、仮想通貨の発行から管理、運営に必要な機能、業務までをトータルで提供しており、EC事業者さまは、決済と仮想通貨に必要な機能や運用を自社で構築せずに容易に導入することが可能なため、運営コストとマネタイズまでの期間を大幅に縮小することができます。

今後も、SBPSは、お客さまのニーズにお応えできるサービスを充実させ付加価値の高いサービスの提供を行ってまいります。

  • ※1:「Play By Web」ウェブを媒体とした多人数同時参加型ゲーム
  • ※2:出典「2013ブロードバンド・モバイルサービス総調査」(株)富士キメラ総研
       2011年度 手数料売上実績数値。当社売上には、携帯電話ユーザーのクレジット支払い分も含みます。
  • 本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

導入サイト概要

株式会社デジタルハーツ

サービス名 クロストライブ
URL
サービス概要 現代日本を舞台に伝奇ファンタジーを自由に設定したキャラクターで楽しめるプレイバイウェブ型RPGゲームです。
サービス開始日 2013年4月26日 15:00開始予定
ご利用環境 iPhoneアプリ、AndroidTMアプリ、各種ブラウザ

会社概要

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

代表者 代表取締役社長 兼 CEO 宮内 謙
所在地 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
事業内容 決済代行サービス、集金代行およ及び企業の計算事務代行
情報・システム提供サービス
URL

決済サービスに関するお問い合わせ先

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

Tel 03-6889-2131(平日9:30~17:30)
E-mail

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 広報担当

Tel 03-6889-2196
E-mail