社員の声 社員の声

会社の成長とともにステップアップできる

 前職ではマンション管理会社で会計事務の仕事をしていました。担当しているマンションの会計処理は経験しましたが、企業全体の経理業務に携わってステップアップしたいと思い、それが実現できるSBペイメントサービス(以下SBPS)へ入社を決めました。私が入社した当初は社員数50人程度で、まさにゼロから自分たちで会社を作っていくという雰囲気でした。「やりたい」という気持ちがあれば、未経験でも仕事を任せてもらえる環境で、会社と一緒に成長していけると感じたことも入社を決めた理由の一つです。今では社員も200人以上に増え、決済代行事業だけでなく、ソフトバンクカード事業も始まりました。日々変化し、新しい挑戦を続けているところは、入社当時とまったく変わりません。

財務経理

財政面から会社を支える責任感とやりがい

 私は主計課に所属しており、会社の預金や売上を管理して月次・四半期・年度の決算に反映させることが主な仕事です。ソフトバンクグループでの連結決算のため、グループ会社の経理担当者とやり取りをすることもあります。今後は、未経験の業務にも挑戦し、経理のスペシャリストになることが目標です。 財務経理部の仕事は裏方ですが、会社の事業運営と切り離せない大切な仕事です。売上や利益は、経営判断の大切な指標。新規事業を計画する時は、資金繰りを考え、事業が成り立つか成り立たないか判断し、それぞれの事業に合わせたお金まわりの運用ルールを作ります。財政面から事業を推進していけるところに責任とやりがいを感じます。

財務経理

育児をしながら働けるサポート体制

 現在、育児休業から復職して時短勤務で働いています。復職してすぐは、戸惑うこともありましたが、半年ほどたってようやく慣れてきました。職場には育児休業から復職した先輩がいるので、よく相談にのってもらいます。自分と同じ気持ちだったり、新しい発見があったり、アドバイスをもらうことができて気持ちが楽になった部分はありますね。また、周囲のメンバーの理解やサポートもあり、安心して働ける環境です。 復職後は他の人と比べて働く時間が短い分、生産性を上げることを意識しています。以前より、優先順位と質を考えて仕事をするようになり、効率的に働けるようになったと思います。 これからも仕事と家庭を両立しながら、自分自身成長できるよう頑張っていきたいです。

所属や業務内容は取材時時点の内容となります。

働いている社員の声を聞く

エンジニア

末光 慎也|エンジニア

大学の理系学部で学習したことを活かしたいと思い就職活動を開始しました。 はじめは、SIer全般を企業研究していましたが、徐々にシステムを大きな視点に立って見てみたいと思うようになり、上流工程のIT企業を志望するようになりました。

法人営業

馬場 未来|法人営業

毎日の仕事は、お客さまとのアポイントを中心に、ご提案資料の作成や加盟店審査等の社内手続きなどを行っています。現在、7社のお客さまを担当していますが、お客さまのビジネスを支えるパートナーとして、今後も継続してサポートしていきたいです。

エンジニア

森田 慎|エンジニア

関係者に動いてもらうために重要なことは「腹を割って話すこと」だと思います。新しいものを生み出すときは、沢山の困難がありますが、あきらめずに何度でも腹を割って話して、お互いに理解を深めることで見えてくるものがあると信じています。

加盟店管理

小野田 羽純|加盟店管理

やる気があれば誰でもチャレンジや提案ができる社風の下、決済の仕事をさらに極めたいと考えたためです。 実際に入社してみると、すぐに大きなプロジェクトに携わることができ、想像していた以上に裁量のある仕事を任せてもらえました。

法人営業

林 亮|法人営業

いくつかの会社から内定をいただいたのですが、SBペイメントサービス(以下SBPS)の最終面接の面接官が「僕がお客さんだったら、君にもう一度会いたい」と言ってくださったことで、きちんと人を見てくれている会社だと確信し、即入社を決意しました。

財務経理

鹿木 純子|財務経理

前職ではマンション管理会社で会計事務の仕事をしていました。担当しているマンションの会計処理は経験しましたが、企業全体の経理業務に携わってステップアップしたいと思い、それが実現できるSBペイメントサービス(以下SBPS)へ入社を決めました。