社員の声 社員の声

エンジニアにとってチャレンジできる環境があった

 大学の理系学部で学習したことを活かしたいと思い就職活動を開始しました。 はじめは、SIer全般を企業研究していましたが、徐々にシステムを大きな視点に立って見てみたいと思うようになり、上流工程のIT企業を志望するようになりました。決済業界を知ったのはちょうどその時で、高い成長性と可能性に強い魅力を感じました。SBペイメントサービス(以下SBPS)に応募したのは、会社説明会で30年ビジョンを聞いたのがきっかけです。これまでに聞いたことのない非常に大きなスケールのビジョンでしたが、ソフトバンクグループであれば実現できると考え、エントリーしました。現在、システムエンジニアとして仕事していますが、意思決定のスピードや変化の速さは、想像以上です。日々新しい技術への対応が求められる環境のため、システムエンジニアにとってチャレンジできる環境が整っていると感じています。

エンジニア

主な仕事は、データベースの運用と改善業務

 入社して新人研修を受けた後、システム部門の技術研修でデータベースに関する技術を学びました。今はデータベース管理者として、システムを安定稼働させるための運用や改善業務に携わっています。SBPSの決済システムは、24時間365日安定稼働していることが求められます。アプリやインフラチーム、協力会社の方など、さまざまな人たちと密に会話することで、認識のずれをなくし、安定稼働させるための施策を実行しています。ときどき技術や方法に気持ちが行ってしまいがちですが、そんな時は、本来の目的や背景を思い返すようにしています。また受け手に正確な情報を伝えるためには、しっかりとした知識を蓄えることも大切です。そのため私は、可能な限り、実際に手を動かすことで、データベースの構造をより深く理解するように努めています。

エンジニア

お客さまの満足度向上を目指して

 データベースに関する技術力を高め、ユーザー体験を向上させるのが今の私の目標です。SBPSのデータベースは、ECサイトのショッピングカートにある購入ボタンのアクセス先です。データベースが最適化され、決済のレスポンスが早くなれば、お客さまの満足度の向上につながります。実現には技術力が必要とされるため、”ORACLE MASTER Silver”の取得に向けて、現在猛勉強中! 自分の得意分野をしっかりと確立し、3年後には「データベースといえば、末光だよな。」と思ってもらえるような存在になりたいと思います。

所属や業務内容は取材時時点の内容となります。

働いている社員の声を聞く

エンジニア

末光 慎也|エンジニア

大学の理系学部で学習したことを活かしたいと思い就職活動を開始しました。 はじめは、SIer全般を企業研究していましたが、徐々にシステムを大きな視点に立って見てみたいと思うようになり、上流工程のIT企業を志望するようになりました。

法人営業

馬場 未来|法人営業

毎日の仕事は、お客さまとのアポイントを中心に、ご提案資料の作成や加盟店審査等の社内手続きなどを行っています。現在、7社のお客さまを担当していますが、お客さまのビジネスを支えるパートナーとして、今後も継続してサポートしていきたいです。

エンジニア

森田 慎|エンジニア

関係者に動いてもらうために重要なことは「腹を割って話すこと」だと思います。新しいものを生み出すときは、沢山の困難がありますが、あきらめずに何度でも腹を割って話して、お互いに理解を深めることで見えてくるものがあると信じています。

加盟店管理

小野田 羽純|加盟店管理

やる気があれば誰でもチャレンジや提案ができる社風の下、決済の仕事をさらに極めたいと考えたためです。 実際に入社してみると、すぐに大きなプロジェクトに携わることができ、想像していた以上に裁量のある仕事を任せてもらえました。

法人営業

林 亮|法人営業

いくつかの会社から内定をいただいたのですが、SBペイメントサービス(以下SBPS)の最終面接の面接官が「僕がお客さんだったら、君にもう一度会いたい」と言ってくださったことで、きちんと人を見てくれている会社だと確信し、即入社を決意しました。

財務経理

鹿木 純子|財務経理

前職ではマンション管理会社で会計事務の仕事をしていました。担当しているマンションの会計処理は経験しましたが、企業全体の経理業務に携わってステップアップしたいと思い、それが実現できるSBペイメントサービス(以下SBPS)へ入社を決めました。