社員の声 社員の声

面接官が「君にもう一度会いたい」と言ってくれた

 学生時代「金融」「IT」「グローバル」をキーワードにキャリアを築きたいと考えていました。新卒で、ひとつめのキーワードである「金融」に関する会社に入社し、営業や開発業務に携わっていました。5年が経過した頃、再び学生時代のキーワードを思い返し、「金融」に加えて「IT」に関連する分野に挑戦したいと考えるようになり、決済業界を中心に転職しようと思うようになりました。いくつかの会社から内定をいただいたのですが、SBペイメントサービス(以下SBPS)の最終面接の面接官が「僕がお客さんだったら、君にもう一度会いたい」と言ってくださったことで、きちんと人を見てくれている会社だと確信し、即入社を決意。実際に入ってみると「情報革命で人々を幸せに」という大きな志を持った仲間たちと、自由かつ大胆なアクションができる環境が整っているなと感じました。

法人営業

最先端の技術に挑戦できる職場

 新しいお客さまを開拓するのが自分に課せられた大きなミッションです。それに加えて、今までのお客さまのサポートも同時並行で行い、決済に関連するソリューションを提案しています。決済業界は「金融」+「IT」を融合して「フィンテック」という言葉が最近話題になっており、日進月歩で技術革新しています。そのため、今までのやり方を踏襲するだけでは戦えません。自由なアイディアをもって、お客さまとFace to Faceでコミュニケーションを交わしながら、共通のゴールに向かっていくのが重要であり、それがこの仕事の醍醐味でもあります。決済に関連する会社は色々ありますが、ソフトバンクという通信キャリアによる決済を自社で持っているのはSBPSのみ。経済条件による競争ではなく、付加価値による営業ができるため、ソリューション営業としての能力向上が日々実感でき、それがやりがいにつながっています。

法人営業

実務を通して、チームビルディングの経験が積める環境

 もともとは、ITに関する知識が全くなかったので、まず知識的な学びがありました。また、それ以上に教科書や参考書に載っていないようなことを数多く経験できるのがSBPSの特徴だと思います。プロジェクトでは、通常の業務以上に関係者と密にコミュニケーションを取りながら、自由な発想で、スピーディーにモノゴトを進めなければなりません。そのような経験を通じて、チームビルディングに関する理解が深まり、自己成長につながったと実感しています。役員や他の部門の方含め、関係者がワンフロアに集約されているので、困ったことがあったらすぐに相談しに行ける環境が、成長の後押しをしてくれています。今は、強い個・強いチームを作り上げることを目標に日々がんばっています。

所属や業務内容は取材時時点の内容となります。

働いている社員の声を聞く

エンジニア

末光 慎也|エンジニア

大学の理系学部で学習したことを活かしたいと思い就職活動を開始しました。 はじめは、SIer全般を企業研究していましたが、徐々にシステムを大きな視点に立って見てみたいと思うようになり、上流工程のIT企業を志望するようになりました。

法人営業

馬場 未来|法人営業

毎日の仕事は、お客さまとのアポイントを中心に、ご提案資料の作成や加盟店審査等の社内手続きなどを行っています。現在、7社のお客さまを担当していますが、お客さまのビジネスを支えるパートナーとして、今後も継続してサポートしていきたいです。

エンジニア

森田 慎|エンジニア

関係者に動いてもらうために重要なことは「腹を割って話すこと」だと思います。新しいものを生み出すときは、沢山の困難がありますが、あきらめずに何度でも腹を割って話して、お互いに理解を深めることで見えてくるものがあると信じています。

加盟店管理

小野田 羽純|加盟店管理

やる気があれば誰でもチャレンジや提案ができる社風の下、決済の仕事をさらに極めたいと考えたためです。 実際に入社してみると、すぐに大きなプロジェクトに携わることができ、想像していた以上に裁量のある仕事を任せてもらえました。

法人営業

林 亮|法人営業

いくつかの会社から内定をいただいたのですが、SBペイメントサービス(以下SBPS)の最終面接の面接官が「僕がお客さんだったら、君にもう一度会いたい」と言ってくださったことで、きちんと人を見てくれている会社だと確信し、即入社を決意しました。

財務経理

鹿木 純子|財務経理

前職ではマンション管理会社で会計事務の仕事をしていました。担当しているマンションの会計処理は経験しましたが、企業全体の経理業務に携わってステップアップしたいと思い、それが実現できるSBペイメントサービス(以下SBPS)へ入社を決めました。